或る大学生の書き溜め

閲覧してくださる方に少しでも違う価値観に触れていただければと思います。

就活のインセンティブが「死にたくない」以外ない件

選考、面接、GD、インターン… そんな言葉が私の周りに現れ始めた。

 

そう、「就活」が始まったのだ。

 

貴重な大学生活の時間を選考に費やし、受かった企業になんとなくインターンに行って、少しでも本選考で有利になるように行動する。

 

それが現状の就活だ。

 

インターン=職業体験などではなく、もはや本選考の一部であるのだ。

 

俺はこのまま漠然と就活をしててもいいのだろうか?

 

下手すれば向こう40年の人生を決めるような選択を、その場その場の流転的な思考で何となく決めてしまってもいいのだろうか?

 

就活について考えるにつけ疑問が絶えることはない。しかし、盲目的に就活制度を嘆くわけではなく、現状を鑑みるに現行の就活制度が至極真っ当なものであることも確かなのだ。

 

インターンに来る、ということは曲がりなりにもその業界、企業に興味を持っているということであり、その中で優秀な学生を企業としては囲い込みたい。当然である。

 

これを考えると、私の就活に対する根本的な悩みは、就活制度に対してではなく、自らの「働きたくない…」という気持ちであるということが分かった。

 

冷静に考えてみてほしい。1年の半分以上が休み・好きなだけ勉強できる・いつでも海外旅行できる・サボってもだれにも迷惑がかからない・大体の事は大目に見られる…etc

 

就職するとこれらすべてを失う(と思ってる)。え、無理。しんどい。(女子大生風)

 

これらを失ってでも得られる「やりがい」等のインセンティブは、はたして「労働」にあるのだろうか。

 

今現在、私の就活のインセンティブは「食いっぱぐれて死にたくない」のみだ。

 

これから就活を続けるにあたってインセンティブが増えることを願ってやまない。

 

おしまい。