或る大学生の書き溜め

閲覧してくださる方に少しでも違う価値観に触れていただければと思います。

「就活」を大学生の必須イベントにするな

こんにちは。普通の大学生です。

 

先日まで夏休みで忙しい日々を過ごしておりました。

 

「大学3回の夏休み」

 

文系大学生にとっては就職活動の最初のヤマといっても過言ではない期間でしたね。

 

もちろん私も毎日合説やインターンに足しげく通い日々就活生としての自覚を高めていました。

.

..

...

...といったようなことはなく、毎日自分のやりたいことをしていたらいつの間にか夏休みは終わっていました。(笑)

 

唯一めぼしいこととして行ったのは「短期留学」ですかね。

 

あ、でもオックスフォードやケンブリッジに行って英語力を向上させつつ専門知識を増やすというような類のものではありません。

 

私が参加したのは、タイの大学で東南アジアの文化や語学に触れるといったようなプログラムです。

 

2週間というもはや留学と呼ぶこともおこがましく思える期間でしたが、その中でタイ語をはじめとして様々な経験を濃密に行うことができました。

 

そして就活に身を投じるべき大学3回生が、多様性の宝庫であるタイに身を投じることで、私の中で「就職活動」に対する意識が変化した気がします。

 

端的に言うと、就活を「大学生活の必須イベント」ではなく、「選択肢の1つ」と考えるようになった、という感じです。

 

あえてこの時期に「就職活動」から距離を取ることで、「就職活動」はもはや「一般に大学生がよりよい企業の内定を得るためにするもの」といった意味の固有名詞ではないか、と考えるようになったのです。

 

そして、「就職活動」を固有名詞足らしめている制度「新卒一括採用」。

 

 

「新卒一括採用」という日本の就活制度がもたらした、就職活動を「しないといけない」風潮。

 

「〇月に就活解禁!デキる学生はもう始めてる」

「〇〇大学人気の企業はココ!」

「就活研究~〇〇はインターンが命~」

 

このような記事に右往左往させられていた自分を客観視する機会になりました。

 

固有名詞的「就職活動」は、必須ではない。

 

要は、「社会に価値を生み出し、自分が生きていく」ための選択肢の1つである。

 

就職活動について根本的な部分で苦しんでいる人は数歩下がって考えてみるといいと思います。

 

...とまあまだほとんど何も経験していない私が言っても説得力はないですが。(笑)

 

とりあえずこれからは、自分の中にある興味や向上心といった「内側の推進力」をもちながら、現行の就活制度を自分がこれから選ぶ道の「選択肢」の1つとして考えていけたらと思います。

 

おしまい。

 

文字ばっかりでしんどいので、このような価値観変化に寄与したバンコク・カオサンロードの写真でも上げときます。(笑)

 

ほんとにバンコクは誰にでもおすすめできる都市です。3万円ほどで航空券もとれるので是非行ってみてほしいです。

f:id:ttomk:20181003173911j:plain